ユニバーサルデザインの可能性

ユニバーサルデザインの未来へ。

Gボタン

株式会社ワールドワークは、長らくオリジナルユニフォームの製造・販売をてがけてきた会社です。

様々な人と出会い、たくさんのご要望の声を聞いて、それらのご要望を実現することに全力を注いで参りました。

そんなある日、皆様から特にご要望が多いタイプの服があることに気付きました。それは「世代に関わらず着脱しやすく、着心地が良く、それでいて外見上での違和感がない服が欲しい」というものでした。

そこで、私たちは「ないものならば自分たちが創る」との気概を持ち、様々な角度からリサーチや実験を行い、試行錯誤を繰り返し。

磁石の力で自然に留まる(G-button/ジーボタン)が出来上がりました。 株式会社ワールドワークが目指すのは、「すべての人が使いやすいデザイン」であり、1974年にアメリカのメースによって提唱された「ユニバーサルデザイン」の概念を具現化するものです。

ユニバーサルデザインとは?

ユニバーサルデザインとは、ノースカロライナ州立大学ロナルド・メイスが1985年に公式に提唱した概念で「できるだけ多くの人が利用可能なデザインにすること」というのが、基本概念である考え方のことです。

※デザインを障害を持った人に限定しない点で、バリアフリーとは異なります。

ユニバーサルデザインの7原則

  1. どんな人でも公平につかえること
  2. 使う上で自由度が高いこと
  3. 使い方が簡単で、すぐわかること
  4. 必要な情報がすぐにわかること
  5. うっかりミスが危険につながらないこと
  6. 身体への負担がかかりづらいこと(弱い力でも使えること)
  7. 接近や利用するための十分な大きさと空間を確保すること
  8.       
  • MOVIE

    テレビ東京の報道番組「ワールドビジネスサテライト」のトレンドたまごでGボタンが紹介されました。

製品案内

磁石ボタン